オイルグリスメンテナンス

ベイトリールはスピニングリールと違い、定期的なメンテナンスが必要です。

メンテナンスには色々な道具がありますが、その中でも特に重要なのがオイルとグリスです。

ベイトリールは、どの場所にどんなオイルやグリスを塗るかで性能がかなり変わってきます。

ちゃんとしたオイルやグリスを選ぶことで、ベイトリールの寿命が伸びるだけではなく、ベイトリールの性能も自分の好みに変えることもできます。

今回はベイトリールをメンテナンスする場合に特に重要なオイルとグリスの選び方について紹介していきます!

このページを見ることで

  • 見るべきオイルとグリスの性能は?
  • ベイトリールにさすオイルとグリスの場所は?
  • おすすめオイル
  • おすすめグリス

についてがわかります。

見るべきオイルとグリスの性能は?

オイルとグリスと一言に言っても様々なオイルやグリスがあります。

いろいろなオイルやグリスの性能はどういったところで決まるのでしょうか?

粘度(ねんど)

オイルやグリスには、それぞれ【粘度(ねんど)】が違います。

サラサラしたオイルや粘り気がほとんどないグリスから、かなりドロドロしたオイルや粘り気の強いグリスまで様々です。

これはどちらがよいというわけではなく、使い分けする必要があります。

各メーカーでも、一つのベイトリールに4~6種類のオイル・グリスが使われています。

添加物

オイルやグリスは油分だけではなく、色々な添加物が入っています。

塗った場所をコーティングする添加剤や、サビに強い添加剤など様々な種類の添加剤が入っています。

この添加剤をしっかりと確認しながら選ぶことで、ベイトリールの性能が上がったり、寿命を延ばすことができます。

ベイトリールにさすオイルとグリスの場所は?

ベイトリールのどの場所にどういったオイルやグリスをさせばいいのかを紹介します。

スプール両端のベアリング

スプールの両端に付いているベアリングは、スプールの回転に影響するベアリングです。

軽い力でスプールを回す必要があるため、スプールの両端にあるベアリングは必ず【かなり粘度の低いオイル】を使うようにしましょう。

ギア

ベイトリールのギアは主にドライブギアとピニオンギア、ウォームシャフトギアが2つの4つのギアがあります。

ギアに塗るのはグリスを使います。

粘度に関してはお好みですが、粘度が低いグリスでは巻きが軽快になり、粘度が高いグリスでは滑らかな巻き心地になります。

ハンドルノブ

ハンドルノブには片方づつに0~2個のベアリングが入っています。

ベアリングが入っていないものに関しては、あまり気にしなくてもいいですが、ベアリングが入っている物であれば注油はした方がいいでしょう。

ハンドルノブにはオイル、グリスどちらでも問題なく、お好みで選んでいただいて構いません。

ボディ内部のベアリング

ボディ内部のベアリングに関しては、オーバーホールをするまで、注油することができないため、おすすめは粘度の低いグリスを注油することです。

オイルにしてもいいですが、回転のノイズがでやすく、ベアリング内部にゴミや異物が入る可能性も高くなるためおすすめはしません。

レベルワインダー

レベルワインダーに関しては粘度の低いグリスでもいいですし、粘度の高いオイルにしても問題ありません。

レベルワインダーは外に出ている部分ですので、水や異物の侵入を防ぎたい場合はグリスの方がいいでしょう。

おすすめオイル

グリッチオイル テフロッソ

グリッチオイル テフロッソ
グリッチオイルはいろいろな種類がありますが、テフロッソは真っ赤なオイルとなっています。

テフロッソという名前にある通り、添加剤としてテフロンが入っており、粘度もかなり低いです。

使用用途としてはスプール両端のベアリングに1滴ずつ塗布することをおすすめします。

グリッチオイル EVO-500

グリッチオイル EVO-500
こちらもグリッチオイルで茶色のオイルです。

テフロッソとは違い、かなり粘度の高いオイルとなっています。

使用用途としては、レベルワインダーに塗布することをおすすめしたいオイルです。

ベルハンマーGOLD

ベルハンマーGOLD
ベルハンマーGOLDは非常に高性能なオイルです。

ベルハンマーGOLDは普通のオイルとは違い、金属表面を独自の製法でコーティングすることで、金属同士の摩擦を減らし、サビにも強くなるというオイルです。

オイル自体は少し粘度が高いため、スプールの両端にあるベアリングには向いていません。

レベルワインダーやボディ内部のベアリングの一部に塗布することをおすすめします。

おすすめグリス

IOS ギアグリス

IOSギアグリス
IOSが発売しているギアグリスです。

容量はかなり少ないにも関わらず3000円を超える高級グリスで、ギアに塗るグリスです。

ですが、その性能はすばらしく、使い古してギアノイズがひどくなったリールに塗ると、非常に滑らかな巻き心地になるグリスです。

ギアノイズがするリールの巻き心地を改善したい場合や、巻きをしっとりした巻き心地にしたい場合におすすめです。

MTCW MTGG、MTDG

MTGG
MTCWが発売しているグリスです。

MTCWが発売しているグリスはMTGGとMTDGがあり、GGはギアグリス、DGはドラググリスとなっています。

MTGGは

  • MTGG-T
  • MTGG-B
  • MTGG-SW
  • MTGG-SWH

と4種類ありますが、Tが一番粘度が低く、SWHが粘度が一番高くなっています。

DAIWAの軽い巻き心地を作りたいならMTGG-T、SHIMANOの滑らかな巻き心地を作りたいならMTGG-SWがおすすめです。

MTDGは

  • MTDG-01
  • MTDG-02
  • MTDG-03
  • MTDG-SW

の4種類があります。

1が一番粘度が低く、3が一番粘度が高いです。SWに関してはステラSW8000~16000などのマグロやGTのキャスティングなどに使う、大型のリールに使うために作られたドラググリスになっています。

汎用のベイトリールであれば1~3の中から好きなドラググリスを選べば問題はありません。

オフショアで、タトゥーラTW400などの大型ベイトリールを使ったジギングなどをするという人はSWがおすすめです。

SHIMANO DG-06

DG06
SHIMANOが発売しているリール専用グリスです。

SHIMANOはかなりの種類のグリスを発売しています。

汎用ベイトリールで使うグリスは

  • DG01(カーボンドラグワッシャー用)
  • DG04(ギア用)
  • DG06(ギア、ベアリング汎用)
  • DG18(特殊撥水グリス)

の4種類を覚えておけば問題ありません。

この中でもDG06がおすすめなポイントとしては、ギア・レベルワインダー・ベアリングすべてに使える汎用性があるためです。

エーゼット ウレアグリース

ウレアグリース
今回紹介した中で、唯一リール用ではないグリスです。

ウレアグリースは、耐久性・耐水性・耐防錆に優れています。

粘度は高めなため、ギアにうすく塗ることで、ギアノイズがかなり軽減されるおすすめのグリスです。

まとめ

いかがでしょうか。オイルやグリスを選ぶことで、ベイトリールを自分好みに変更することもでき、間違えてしまうと性能が落ちてしまうこともあります。

ぜひ、今回紹介したオイルやグリスを使ってぜひ自分の大切なベイトリールのメンテナンスに役立ててください!