22エクスセンスDC

エクスセンスDCと言えば、17年に発売されたエクスセンスDCと、20エクスセンスDCSSがありましたが、この度17エクスセンスDCの後継機が発売されました!

発売日は2022年7月(左ハンドルは2022年8月)となっています!

特に宣伝もされず、しれっと公式HPに登場し、ベイトシーバスアングラーをざわつかせています。

ただ、気になるスペックを見てみると、ちょっと期待してもいいのか迷うリールとなっています。

今回は、そんな22エクスセンスDCをベイトシーバスガチアングラーが徹底解説していきます!

22エクスセンスDCの気になるスペックは!?

22エクスセンスDC

引用元: シマノ

スペック表

品番ギア比最大ドラグ力(Kg)自重(g)スプール 径(mm)/幅(mm)糸巻量フロロ(lb-m)糸巻量PE(号-m)最大巻上長(cm/ハンドル1回転)ハンドル長さ(mm)ベアリング数BB/ローラ―夢屋ハンドルノブタイプ夢屋ハンドルタイプ本体価格(円)商品コード
XG RIGHT7.8523037/1912-130,14-95,16-851-365,1.5-255,2-180914511/1ABH-180,200円044969
XG LEFT7.8523037/1912-130,14-95,16-851-365,1.5-255,2-180914511/1ABH-180,200円044976

引用元: シマノ

技術特性や価格

22エクスセンスDC_技術特性

引用元: シマノ

22エクスセンスDCは17エクスセンスDCと同じく、ギア比はXGのみとなっています。

また、ボディベースは21アンタレスDCとなっており、カラーがエクスセンスらしく黒っぽい色になっていますね!

22エクスセンスDCの特徴は?

引用元: シマノ

22エクスセンスDCの最大の特徴と言えばやはり「4×8DC エクスセンスチューン」です。

エクスセンスチューンとはPEラインに特化したDCブレーキであり、どれもより遠くにルアーを飛ばす専用設計されたブレーキです。

ソルトゲームにおいてはPEラインを使うことが多いため、22エクスセンスDCはソルトゲームにおいて素晴らしいベイトリールとなるでしょう。

22エクスセンスDCの気になる使い道は?

引用元: シマノ

22エクスセンスDCはPE1.5号が255m、PE2号が180m巻けるラインキャパシティを持っています。

中途半端なラインキャパシティだと思うかもしれませんが、PE1.5号を200mジャストの糸巻き量にしてしまうと、100m以上飛ばすのも普通なのでラインキャパシティが足りず、飛距離もでなくなります。

PE1.5号をメインにシーバスゲームやショアジギングをするにはぴったりなベイトリールでしょう!

ただし、スプール重量はおそらく17g前後と重ためだと思いますので、10g以下のルアーキャスティングには向いてはいないでしょう。

適正ルアーウェイトは、20~70g前後になるでしょう。

21アンタレスDCと22アンタレスDCの比較

それではベースとなった21アンタレスDCとの性能を比較しつつ違いを見ていきましょう!

性能比較と違い

21アンタレスDC22エクスセンスDC
最大ドラグ力5kg5kg
自重225g(XG)230g
スプール径/幅37/1937/19
ラインキャパシティナイロン16lb/100mフロロ16lb/85m
ハンドル長42mm45mm
ブレーキ4×8DC4×8エクスセンスチューン
ドラグサウンドなしあり
ギア比ノーマル、HG、XGXGのみ
カラーシルバーガンメタ
ベアリング11/111/1

こうして違いを見てみると、ドラグサウンドがあったり、ハンドル長が長かったりと、ソルトゲーム向けに作られているのが分かります。

ラインキャパシティは21アンタレスDCのほうが少し多いぐらいですね。

PEラインをメインに使うのであれば22エクスセンスDC、他のラインも使うのであれば21アンタレスDCという選び方をすれば問題ないでしょう。

また、22エクスセンスDCはXGしかギア比がないため、ノーマルギアやHGを使いたいという人は21アンタレスDCがいいですね。

すでに21アンタレスDCを持っているのであれば、追加で22エクスセンスDCを買う必要はないでしょう。

18アンタレスDCMDと22エクスセンスDCの比較

では、次に18年に発売されたアンタレスDCMDとの性能を比較していきましょう。

性能比較と違い

18アンタレスDCMD22エクスセンスDC
最大ドラグ力6kg5kg
自重235g230g
スプール径/幅38/2237/19
ラインキャパシティナイロン16lb/120mフロロ16lb/85m
ハンドル長45mm45mm
ブレーキ4×8DCMDチューン4×8エクスセンスチューン
ドラグサウンドなしあり
ギア比XGのみXGのみ
カラーシルバーガンメタ
ベアリング10/111/1

18アンタレスDCMDは世界中の怪魚と戦えるベイトリールとして作られたため、22エクスセンスDCとはドラグ力やラインキャパシティ、スプールが違います。

この2つのベイトリールは使用用途が全く違い

  • 18アンタレスDCMDはビッグベイトなどの重たいルアーをメインに使う人向け
  • 22エクスセンスDCはシーバスゲームでメインで使うことが多い20~30g前後をメインに使う人向け

になっています。

では、18アンタレスDCMDを持っているが、22エクスセンスDCを買う必要があるかと言われれば、特にありません。

理由は、18アンタレスDCMDは22エクスセンスDCでキャストできるルアーウェイトも普通にkジャストができてしまうからです。

より遠くに飛ばしたい!という人以外は特に買う必要はないでしょう。

17エクスセンスDCと22エクスセンスDCの比較

17エクスセンスはシマノが対応表を乗せていますので引用します。

性能比較と違い

引用元: シマノ

このように17エクスセンスDCの後継機なだけあり、22エクスセンスDCは色々な部分でアップデートされています。

特にDCブレーキは、同じ4×8DCと言っても中身は全く違うでしょう。

では、17エクスセンスDCを持っている人は22エクスセンスDCを買う必要はあるのでしょうか?

答えとしては、上位互換のベイトリールが欲しいという人以外はいらないでしょう。

確かに22エクスセンスDCは17エクスセンスDCよりいいベイトリールになるでしょうが、8万円も出して買うほど性能に差があるわけではないでしょう。

そういう意味でも。17エクスセンスDCである程度満足できているのであれば、買う必要はないでしょう。

22エクスセンスDCは買うべき?

22エクスセンスDCは2022年7月現在で、シマノの中で一番PEラインを使って飛距離が出せるベイトリールです。

「PEラインを使って遠くにルアーを届けたい!」

「100mキャストがしたい!」

という人にはぜひおすすめなベイトリールですね!

このページで紹介した商品