ベイトロッド完全解説!ベイトロッドの特徴やオススメベイトロッドを紹介!

ベイトタックルを揃える上でベイトロッドは欠かせない要素となっています。

スピニングロッドとは全く別のロッドであり、スピニングロッドでは替えになりません。

ここではベイトロッドの中でもベイトキャスティングロッドに関しての情報やオススメのベイトロッドを紹介していきます。

ベイトロッドとは?

ベイトロッドとはベイトリールに合わせて作られた専用のロッドのことです。

一般的にベイトタックルはパワーファイトに向いたタックルですので、スピニングタックルよりも太く強く設計されているものが多いです。

スピニングロッドとは明確に違う点がいくつかあり、スピニングロッドをベイトロッドの代わりとして使うことはできません。

ベイトロッドのグリップについて

ベイトロッドの特徴はトリガーシートと呼ばれるグリップが装着されていることです。

ベイトリールにはスピニングリールのように、手が引っかかる部分が存在せず、また形状も様々です。

基本はリールを包み込むように持つため、スピニングリールに比べて引っかかる部分が少ないのです。

その為、ベイトリールの形状によってはきちんと掴むことができず、満足に扱うことができません。

そういった点を解消するためにトリガーシートを採用し、スピニングリールのリールフットと同じ役割を果たしています。

ベイトロッドのガイドについて

またガイドもベイト専用のガイドが取り付けられています。

ベイト専用のガイドの場合、ガイドのリングがロッド本体に近い位置にあります。

ガイドの種類は主に2つあり【シングルフットガイド】と【ダブルフットガイド】があります。

ダブルフットガイド
シングルフットガイド

名前のまま、ガイドから伸びている足が1つか2つかの違いがあり、性能としての違いは、シングルフットガイドは【軽い】というメリットがあり、ダブルフットガイドは【頑丈】というメリットがあります。

ガイドは上向きに付いており、スピニングとは逆の位置に付いています。

ベイトロッドにスピニングリールをつけることはできるのか?

ベイトロッドとスピニングリールは取り付けることはできますが、トリガーシートが邪魔になってしまう点とガイドが小さいために、スピニングリールから出てくるラインが過度に干渉してしまうため、飛距離も落ちてしまいます。

釣りができないことはありませんが、快適に釣りをすることはできません。

スピニングリールを使いたい場合はスピニングロッドと合わせるようにしましょう。

アジング、メバリング、ライトロックフィッシュにオススメのロッド

主に1~5gのルアーをメインに使ったライトゲームにオススメのロッドはベイトフィネスロッドがオススメです。

ヤマガブランクス BlueCurrentⅢ 69/B

出典:ヤマガブランクス

スペック

  • 全長:207㎝
  • 自重:77g
  • 継数:2ピース
  • ルアーウェイト:0.8~7g
  • ライン:PE0.3~0.6

このロッドは207㎝という長さながら77gという超軽量のロッドです。

軽いから弱いのか?というとそうではなく【軽く強い】のがこのブルーカレントのすごいところです。

持ってみると、非常に軽く振ってみるとしなやかに曲がるため頼りないイメージを持つかもしれませんが、実際に使って見るとそのイメージはガラッと変わります。

軽量のジグヘッドなどもピシッというイメージでシャープに飛んでいくキャスト性能はもちろん、魚をかけたときはしっかりと曲がって魚をいなします。

しかも、魚をしっかりと持ち上げるパワーも兼ね備えている素晴らしいロッドです。

また、69というレングスを活かして足場が高い場所でも問題なく使え、ジグ単のみならずプラグを使ってのアジング、5g以下のキャロなどを使っての遠距離も攻めたいという方にはオススメの一本です。

メジャークラフト N-ONE NSL-S702UL

出典:メジャークラフト

スペック

  • 全長:7.0ft
  • ティップ:ソリッドティップ
  • 継数:2ピース
  • ルアーウェイト:1.5~5g
  • ライン:PE0.4~0.8

このロッドの特徴はティップが【ソリッドティップ】を採用している点です。

ソリッドティップの利点は魚のアタリを自動的に乗せてくれる点です。

また、ティップにホワイト塗装を施しているため、ナイトゲームが主体になるアジングやメバリングにぴったりのロッドとなっています。

それでいてバットはしっかりとしたパワーを兼ね備えているため、パワーファイトも可能です。

ベイトフィネスでアジングの初心者にはぴったりなロッドとなっています。

チニングにオススメのロッド

チニングは3~10gのルアーをメインに、強烈な突っ込みにも負けない強いパワーのあるロッドがオススメです。

DAIWA シルバーウルフ MX 72LB-S

出典:アマゾン

スペック

  • 全長:218㎝
  • ティップ:ソリッドティップ
  • 自重:85g
  • 継数:2ピース
  • ルアーウェイト:2~12g
  • ライン:PE0.2~0.8

このロッドはダイワのチニングブランドのシルバーウルフシリーズの一本です。

特徴はソリッドティップを採用しているため、チヌのアタリを自動的に乗せてくれる柔らかいティップを採用している点です。

チヌクランクやジグヘッドのボトムの釣りで特に重宝し、チヌのバイトを確実に取ってくれます。

もちろんトップやバイブレーションの釣りにも対応している、初心者にオススメの一本となっています。

ヤマガブランクス BlueCurrentⅢ 82/B

出典:ヤマガブランクス

スペック

  • 全長:249.5㎝
  • 自重:93g
  • 継数:2ピース
  • ルアーウェイト:2~20g
  • ライン:PE0.4~0.8号

こちらのロッドは8ft2inchという長さでありながら93gと非常に軽量です。

軽いルアーをキャストするときはキャストスピードを速く意識することでスパッと投げることができるシャープなブランクスながら、良く曲がり魚をばらしません

軽量のルアーからトップ、バイブレーション、ボトムの釣りまで高次元に使え、かつ遠投に向いているモデルです。

中、大河川での使用やサーフでのライトゲームなど幅広く使うことができるモデルとなっています。

チニングはもちろん、シーバスや重めのジグヘッドを使ったアジングやメバリングなどライトゲーム全般に対応できる素晴らしいロッドです。

シーバスにオススメのロッド

シーバスはシーズン毎や場所によってほしい性能が変わってきます。

なるべくシーズン毎に合ったロッドを紹介していきます。

Fishman Beams CRAWLA 8.3L+

出典:アマゾン

スペック

  • 全長:251㎝
  • 自重:210g
  • 継数:3ピース
  • ルアーウェイト:6~28g
  • ライン:PE1~3

このロッドはバチ抜けやマイクロベイトの繊細な釣りはもちろん、イナッコパターンやカタクチイワシパターンなどにも対応できる万能ロッドです。

ビームスシリーズはよく曲がるのに、キャストした後はティップがスパッと戻る不思議なロッドです。

ティップがスパッと戻るので、ピンポイントキャストも簡単にでき、かつ曲がるのでバックラッシュも少ないというハイエンドロッドの中でも特に素晴らしいロッドです。

DAIWA ラテオ 93MB R

出典:DAIWA

スペック

  • 全長:282㎝
  • 自重:138g
  • 継数:2ピース
  • ルアーウェイト:10~50g
  • ライン:PE0.8~2

このロッドは50gまでのルアーをフルキャストできるパワーを持ちながら138gととても軽量な点がポイントです。

ロッドがとても軽量なため、重ためのルアーをキャストし続けても疲れにくく、長時間の釣行でも苦になりません。

中、大河川での使用やサーフでの使用をオススメします。

このロッドは魚をかけるとしっかりと曲がりますが、魚を寄せるパワーもすさまじく、80cm程度のシーバスであれば簡単に岸にずり上げることができるほどのパワーを秘めています。

その為、マゴチやヒラメ、中型青物などがターゲットになるベイトショアジギングにもオススメできるロッドです。

SHIMANO ディアルーナ B76MH

出典:Yahooショップ

スペック

  • 全長:229㎝
  • 自重:135g
  • 継数:2ピース
  • ルアーウェイト:12~65g
  • ライン:PE1~3

最近流行しているシーバスビッグベイトゲームにぴったりのロッドです。

このロッドの特徴は表記上は65gですが、しっかりとバットに乗せたキャストができれば80gぐらいまではキャストできます。

シーバス狙いによく使われる「ジョインテッドクロー178」や「ダヴィンチ」なども問題なく使えます。

ビッグベイトにおいて重要なのは、キャストできるか?という点だけではなく、しっかりとフックを貫通させることができるパワーも重要になってきます。

ビッグベイトの場合、トリプルフックのサイズが#1などの大型になるため、パワーがないロッドだとシーバスの口を貫通させることができません。

その点こちらは強靭なバットを活かして、遠くで当たった場合でもしっかりとフッキングすれば魚の口を貫通させることができます。

ビッグベイトの楽しさを体感するためにぴったりなロッドです。

ショアジギングにオススメのロッド

ショアジギングロッドに求められる性能は、重たいルアーを遠くにキャストする性能が求められます。

DAIWA ラテオ 93MB R

出典:DAIWA

スペック

  • 全長:282㎝
  • 自重:138g
  • 継数:2ピース
  • ルアーウェイト:10~50g
  • ライン:PE0.8~2

シーバスのオススメロッドにて紹介したロッドですが、ショアジギングにもオススメです。

他にもサーフゲームに向いているロッドはありますが、探してみると品薄なロッドが多く、入手がしやすい点と、比較的値段が安いため、ベイトショアジギング入門としてもオススメの一本です。

Fishman BRIST MARINO 106MH

出典:Fishman

スペック

  • 全長:322㎝
  • 自重:345g
  • 継数:3ピース
  • ルアーウェイト:15~70g
  • ライン:PE2~6

Fishmanの誇るBRISTシリーズの中でもサーフゲームに特にマッチするロッドです。

デメリットとしては345gと重たいため、シャクリ続ける動作は疲れますが、グリップエンドにカウンターウェイトが搭載されているため、持った感じはそこまで思いとは感じません。

このロッドの特徴はメタルジグをかっ飛ばす遠投性能と大型青物にも負けないパワーが特徴です。

思わぬ大物がかかることがあるサーフゲームにおいて、このロッドのパワーでしっかりと釣り上げることができます。

ロッドの重さに負けない力がある方にはぜひオススメしたいロッドです。

トラウトにオススメのロッド

トラウトロッドは、管理釣り場にオススメのロッドと、渓流でのオススメロッドで分かれてきますが、どちらも良く曲がるロッドであることが重要です。

トラウトワンAS B60SUL-F

出典:アマゾン

スペック

  • 全長:183㎝
  • 自重:85g
  • 継数:2ピース
  • ルアーウェイト:1.5~4g
  • ライン:ナイロン2~5lb

エリアトラウト(管理釣り場)でオススメのロッドです。

管理釣り場で釣果を上げるには、ルアーを長い間水の中に入れておくことが重要です。

その点は手返しがいいベイトタックルで行うことにより、スピニングよりも長い間攻めることができるようになります。

エリアトラウトで初心者の方が悩むのは、当たりが分からないという人がとても多いです。

トラウトはルアーを後ろから追いかけてきて、チョンっとルアーに触るだけの当たりが多いため、初心者の方が当たりを取るのは困難です。

その点こちらのロッドはシマノ独自のソフチューブトップというティップが採用されているため、トラウトのチョンっとした当たりを自動的に取ってくれます。

トラウトロッドにしては値段も手頃なため、ぜひベイトタックルでエリアトラウトにチャレンジする際は試してほしいロッドです。

DAIWA ワイズストリーム 45ULB-3

出典:DAIWA

スペック

  • 全長:134㎝
  • 自重:71g
  • 継数:3ピース
  • ルアーウェイト:1.5~7g
  • ライン:ナイロン2~6lb

このロッドはネイティブトラウトにぴったりなロッドです。

自然あふれる渓流の中でトラウトを狙う際には、何よりも携帯性とロッド長が重要です。

渓流にたどり着くまでに長く険しい道を歩むことが多くなるため、49㎝という仕舞寸法を活かしてバッグに取り付けることで両手を空けることができます。

また渓流は基本的に川幅が狭く、木々があるため長いロッドでは満足に釣りをすることができません。

その点こちらのロッドは渓流釣行にぴったりのロッドとなっています。

ブラックバスにオススメのロッド

ブラックバスは野池などの狭いフィールドから湖などの広大なフィールド、川など様々な場所での釣行を行う可能性があります。

特に重要なのは、ピンスポットにキャストできる性能と何本も持っていくことのない万能性がおかっぱりバスでは重要です。

SHIMANO バスワンXT 162M-2

出典:アマゾン

スペック

  • 全長:188㎝
  • 自重:110g
  • 継数:2ピース
  • ルアーウェイト:7~21g
  • ライン:ナイロン10~20lb

このロッドはエントリーモデルのロッドで1万円以下で購入できる安価なロッドです。

バスフィッシング初心者の方は、最初は絶対に安いロッドを選んだ方がいいです。

というのも、琵琶湖などの大場所なら問題ありませんが、野池などのポイントは基本的に足場やポイントが狭いことが多いので、転倒したりぶつけたりしてロッドを折る人が多いためです。

せっかくいいロッドを購入しても、転倒してバキっと折れてしまっては悲しいですよね。

だからこそ、バスフィッシング初心者はまずは安いこのロッドからチャレンジしてほしいと思います。

SHIMANO 20ゾディアス 1610M

出典:アマゾン

スペック

  • 全長:208㎝
  • 自重:110g
  • 継数:2ピース
  • ルアーウェイト:7~21g
  • ライン:ナイロン8~16lb

このロッドはシマノの最新技術のカーボンモノコックグリップが採用されていながら2万円を切る安さを実現したロッドです。

特にこの1610Mは近距離も遠距離もカバーできる長さであり、かつワームからハードベイトまで幅広く扱える万能なロッドです。

おかっぱりであまりロッドを多く持ちたくないという人にはぜひおすすめのロッドとなります。

ゾディアスは15年モデルと20年モデルとあり、見た目が似ていますが、カーボンモノコックグリップで見分けることができるため、間違えないように注意しましょう。