ベイトリールは右巻き?左巻き?問題を完全解説!

ベイトリールはスピニングリールと違い、ハンドルの位置を変更することができません。

そのため、ベイトリールを買うときは、右ハンドルにするか左ハンドルにするかを選ばなくてはいけません。

  • 右でも左でも一緒でしょ?
  • ハンドルの位置が違うとどう変わってくるの?

といった疑問が出てくると思います。

結論から言うと好きな方で全く問題ありません。

しかし、キャストのことやリトリーブのことを考えるとハンドルの向きは重要になってきます。

このページを読むことで、ハンドルの向きの考え方がわかり、あなたがどちらのハンドルを選ぶべきかがわかります。

キャストとハンドルの向きの重要性

ハンドルの向きとキャストはとても重要な関係性があります。

例えばあなたが左手でキャストをする場合、左巻きにするか、右巻きにするかで変わってくる部分が出てきます。

キャスト時とリトリーブ時でリールを持っている手が同じか違うかでかなり使用感が変わってきますので紹介していきます。

キャストとリトリーブ時、同じ手でリールを持っている場合

例としては右巻きのベイトリールをセットして、左手でキャストをして、そのまま右手でハンドルを持ってリトリーブをする、といった場合です。

左手でキャストし
右手でハンドルを持ってリトリーブ

このようにキャストしてから手の入れ替えをせずにそのまま右手でリトリーブをする場合です。

このように手を入れ替えない場合は次のようなメリットがあります。

  • ショートキャストしたときに着水すぐにリトリーブができる
  • どんなリールの持ち方でもキャストができる
  • キャストからリトリーブまでの持ち替えがない

というメリットがあります。これは入れ替える場合では絶対にできないメリットとなり、特に小場所での釣りではかなり重宝します。

デメリットはキャストや魚とのファイト、ジャークなどのロッド操作の疲労が片手に溜まるという点があります。

キャストとリトリーブ時、手を入れ替える場合

こちらは例えば右巻きのベイトリールをセットした場合で、右手でキャストし、左手にロッドを持ち替えて右手でリトリーブする、といった場合です。

右手でキャストし、
左手にロッドを持ち替えて
右手でハンドルを持ってリトリーブ

このようにキャストをしてから手を入れ替えてリトリーブをする場合です。

このように手を入れ替える場合は以下のようなメリットがあります。

  • キャストとロッドワークや魚とのファイトの疲労が分散される
  • ベイトリールの正しいキャストとされている

というメリットがあります。一回の釣りを長くやりたいといった方や、ロッドワークを頻繁に行いたい方はこっちの方が疲れにくいのでおすすめです。

デメリットはベイトリールのハンドルが邪魔になりワンフィンガーでのキャスト以外はできないという点です。

慣れれば全く問題ありませんが、重たいルアーを長時間使っていると手首に負担がかかる点は出てきます。

結局右巻き、左巻きどっちがいいの?

先にあげたとおり、それぞれにメリットとデメリットがあると思いますが、結局はあなたがどう使うか、ということが大事であり慣れてしまえば全く問題ないことがわかると思います。

あなたが右巻きに慣れているので右ハンドルのリールを選ぶでもいいですし、メリットデメリットを考えて右巻きにするのか左巻きにするのかを考えてみるのもいいでしょう。

大事なのは、買ったリールを自分なりに工夫して使いこなすことが一番大切であることを忘れないようにしましょう。