ベイトシーバス

今まで日本では、ベイトタックルと言えばバスフィッシングという流れでしたが、近年ではソルト業界にもベイトタックルを使ってみようという流れができています。

シマノのシーバスブランドであるエクスセンスからはエクスセンスDCが発売され、ダイワのシーバスブランドであるモアザンからはモアザンSVTWなどが発売され、専用のベイトロッドやベイトリールが売り出されています。

しかし、現実的な話としてシーバスをベイトタックルで狙う人はあまり多くありません。
原因はベイトタックルが【扱いづらい】【バックラッシュする】【分かりづらい】という点にあると思っています。

ですが、ベイトタックルでシーバスを狙うことにはスピニングタックルでは味わえない面白さがあります!

今回はそんなベイトシーバスについての面白さや、メリット・デメリットといった実用的な部分まで完全解説していきます!

ベイトタックルでシーバスを狙う意味はあるの?

ベイトタックルでシーバスを狙う意味はある?

まず、シーバスをベイトタックルで狙うときに考えるのは、ベイトタックルにする意味はあるのか?というのは誰でも考えることだと思います。

もちろん、ベイトタックルはスピニングタックルとは違うものですから、ベイトタックルにしかないメリットというのはもちろんあります。

しかし、正直なところ【シーバスを効率的に釣る】という点だけを見ればベイトタックルにする意味はほとんどありません。

ベイトタックルでシーバスを狙う面白さは、【魚を釣る】という点よりも【魚を釣るまでの過程】を楽しむという点に面白さが多く含まれているからです。

ベイトタックルでシーバスを狙う面白さとは?

ベイトタックルでシーバスを狙う面白さとは?

ベイトタックルでシーバスを狙う面白さは何と言っても、シーバスがかかったときのダイレクト感と、釣りをしているときのギミック感が非常に面白いポイントになります。

ベイトタックルのダイレクト感とは?

ベイトタックルはスピニングタックルよりもラインから伝わる情報がはっきりと伝わってきます

これはベイトタックルがラインからくる情報を、直接リールに伝わるような作りをしている点と、ベイトリールを包み込むように持つため、手に振動が伝わる面が広いためです。

シーバスがヒットしたときの強烈な引きや力強いしっぽの動き、エラ洗いの首振りの生命感などのシーバスからもらえる情報をしっかりと受け取れる、ベイトタックルでのシーバスゲームは最高のゲームだと感じます。

キャストして巻くだけで楽しいギミック感

シーバスを釣りに行くと言っても、当然ながらすぐに釣れるとは限らず、むしろ釣れない時間の方が多いでしょう。

そんな時でもベイトタックルは非常に楽しませてくれます。

キャスト時はスプールが高速で回転しながらラインが引き出され、ベイトリールの種類によって様々なキャスト音や、レベルワインダーが連動したり、クラッチを切るカチャッという音に、つい子供心をくすぐられてしまいます。

巻いているときも、レベルワインダーが動きながらスプールにラインが巻かれていくところも楽しくなってきます。

イメージで言えば、マニュアル車のギアを意味もなくガチャガチャ動かしたり、機械が動く様子を見てワクワクしたりといった感じに似ていると思います。

ベイトタックルでのシーバスを狙うメリット

ベイトタックルでシーバスを狙うメリットとは

ではシーバスをベイトタックルで狙う上で、実用的なメリットはどんなものがあるのでしょうか?

感度がいい

ベイトタックルはスピニングタックルに比べて感度がいいです。
ルアーの動きや潮のちょっとした変化や、ボトムの感知、魚がバイトしてきたのかストラクチャーに当たっただけかといった情報が非常に良く伝わってきます。

これは実際にベイトタックルになれてくれば、ベイトタックルの感度の良さがわかってきますが、ベイトタックルに慣れるまでにやめてしまう人が多いため、感度の良さについてあまり分かっていない人も多いです。

ベイトタックルをきちんと使えるようになって余裕が出てくると、この感度の良さに気づいてきますので、ぜひベイトタックルを使い込んでいただき、感度の良さに気づいてほしいと思います。

巻きトルクが強い

シーバスと言えば、デイゲームで鉄板バイブや巻き抵抗の強いミノーで狙うことも多くあると思います。
ですが、長く抵抗の強いルアーを使おうとすると疲れてしまいますよね。

しかし、ベイトタックルの場合は、スピニングタックルよりも強い力で巻き上げることができるため、軽い力でルアーを巻くことができます。

特にサーフゲームでは、ミノーをキャストして回収しようとしたところで、引き波によってルアーが巻けなくなることもありますが、ベイトタックルであれば簡単に巻き上げることができます。

巻きトルクが強いということは、ストラクチャーに潜ろうとするシーバスを引きはがすことにも役に立ちます。

繊細に巻ける

ベイトタックルは非常に力強く巻くこともできますが、繊細に、細かく巻くことも得意です。

理由は【ダブルハンドル】な点と【ローターがない】という点です。

ベイトリールはダブルハンドルが標準で付いているものが多いのですが、ダブルハンドルは持っていない方のハンドルがカウンターウェイトになり、上から下に巻くときとした上に巻くときの力の差がありません。

そのため、シーバスゲームに超重要なタダ巻きがしやすいという大きなメリットがあります。

また、スピニングリールのローターのように重たい部品が動くこともないため、細かく巻くことも簡単にできます。

ピンポイントでルアーをストップしたい時も、スピニングリールよりも簡単に調整ができる点もシーバスゲームにおけるメリットです。

ラインをフリーにすることが簡単

スピニングリールはロッドを持っていない手で、ベールを返すことでラインをフリーにすることができますが、ベイトリールはロッドを持っている手でクラッチを切ることでラインをフリーにすることができます。

ルアーによってはテンションフォールをするか、フリーフォールにするかでフォール時の動きが変わるルアーがありますが、ベイトタックルではどちらも簡単に行うことができます。

フリーフォールをさせたいタイミングで、一瞬でラインをフリーにすることができるため、ピンポイントでフォールさせることができる点は大きなメリットです。

また、キャスト時にルアーまでのラインの長さを調節するときも非常に簡単で、クラッチを切って親指で微調整ができるため、スピニングリールのようにベールを何度も返したり、
ローターを持って微調整する手間はありません。

フッキング力が強い

シーバスは口の周りが固いため、きちんとフッキングしたと思っても針先しかかかっておらず、バレてしまうことが良くあります。

原因としては、ラインの伸びとドラグ、ロッドによってフッキングの力がルアーに届きにくくなることが原因です。

ベイトタックルはスプールを押さえることで、ドラグによるラインの引き出しを無くすことができるため、より力強くフッキングの力を伝えることができます。

また、ロッドもベイトタックルはバット部分の力でフッキングができるため、スピニングタックルよりも強いフッキングができます。

太いラインを使っても飛距離が落ちにくい

ベイトタックルのメリットとして、太いラインを使用しても飛距離が落ちにくいというメリットがあります。

オープンエリアであればそこまで必要ないですが、ストラクチャーが多かったり、磯場などの根が荒いポイントでは、ある程度のラインの太さは必要になります。

そんな時にベイトタックルであれば、太いラインを使って、根にラインが当たってもゴリゴリ巻いてくることができます。

ベイトタックルでのシーバスを狙うデメリット

ベイトシーバスのデメリットとは

ベイトタックルでシーバスを狙ってみると、ここはスピニングリールには勝てない・・・と思うような場面も多く出てきます。

ベイトタックルならではの問題もありますが、シーバスを狙う上で重要なデメリットを紹介していきます。

ドラグ力が弱い

ベイトリールはスピニングリールに比べて圧倒的にドラグ力が弱いです。
シーバスの急な突っ込みやエラ洗いに対応できず、トラブルになることも珍しくありません。

せっかくシーバスをヒットさせたのに、ドラグの性能でバラしてしまうのは大きなデメリットです。

そんなデメリットをなくす方法は、ハンドドラグという手法を使うことです。

ハンドドラグとは、クラッチを切って親指でスプールの回転を調整する方法で、親指でドラグ調整が細かくできるため、ドラグ力の弱さをカバーできます。

シーバスが急に突っ込んだと感じたらクラッチを素早く切って、親指でテンションを調整しながらやり取りをすることで、スピニングリールに巻けないドラグ性能を得ることができます。

しかし、ハンドドラグはメーカーとしてはおすすめはしない方法であり、理由は親指でスプールを強引に止めるため、クラッチやスプールの破損につながる可能性もあるため、慣れないうちはやらないほうがいいでしょう。

幅広いルアーに対応できない

シーバスはシーズンや場所によって非常に小さなルアーから大きなルアーまで幅広く使います。

スピニングタックルであれば、MLとMクラスのロッドに3000番のスピニングリールがあればマイクロパターンから14㎝クラスのルアーまではすべてカバーできますが、ベイトタックルはそうもいきません。

タックルによってはキャスト自体はできますが、まったく快適とは言えず、1年を通してシーバスを狙う場合は何種類ものベイトタックルを揃える必要があります。

タックルを揃える為にはお金が必要ですし、タックルバランスを考えて決めないと後悔することも少なくないため、これは大きなデメリットになります。

メンテナンスが必要

シーバスは河川やサーフ、磯場や堤防など様々な場所で狙えるターゲットですが、ほとんどのフィールドで塩水もしくは汽水の場所での釣りになります。

スピニングリールであれば、ラインローラーやベールなどを重点的に水洗いして、時々オイルを注油すればほとんど問題ありませんが、ベイトリールの場合はそうはいきません。

ベイトリールは防水にすることは不可能なため、塩水がリール内部に必ず入ってきます。

そのため、釣行ごとの水洗いはもちろんですが、定期的にベイトリールを分解して清掃をしないと、トラブルが起きてしまい、メーカー送りになってしまうこともめずらしくありません。

また、メンテナンスをするにはメンテ用品をそろえるお金やメンテナンスをする時間や知識も必要になるため、気軽にできない点も大きなデメリットです。

タックルの選択肢が狭い

シーバスゲームにおいて、ベイトタックルはスピニングタックルに比べて歴史は浅く、タックルの選択肢があまりないこともデメリットです。

スピニングタックルは、初心者が扱ってもトラブルが少なく釣りができるため、色々な性能に特化したタックルが作られていますが、ベイトタックルの場合はそうはいきません。

ベイトタックルはどうしてもトラブルレスにするために、キャスト性能を重視しなければいけません。

そのため、シーバスの引きについていける柔らかいロッドを作ったとしても、キャスト時にはルアーを飛ばす反発力が弱くなるため、バックラッシュになりやすいロッドになってしまいます。

また、スピニングタックルに比べてベイトタックルはロッドとリールのバランスがとても重要です。
このバランスを間違えると、とてもではないですが快適とは言えない釣りになってしまうのもデメリットです。

ベイトタックルをシンプルに選べない

ベイトタックルを買おうと思っても、スピニングタックルのようにシンプルに考えて決めることはできません。

スピニングタックルをシンプルに選ぶとすれば、ロッドの長さと硬さ、リールの番手を決めれば後は自由に決めてもそこまで問題にはなりません。

しかし、ベイトタックルはベイトリールを中心にして、いろいろなことを決めていかなければいけません。
具体的には以下のように決める必要があります。

  • 何のルアーを中心に使うのか(スプール径)
  • ブレーキ性能(DC、SV等)
  • 持ちやすさ(パーミング性能やデザイン)
  • ラインの糸巻量

これらの中で、特にスプール径が重要になり、スピニングタックルと同じ感覚で考えると失敗してしまいます。

ベイトリールを決めたら、ベイトリールの性能をきちんと活かせるロッドやラインを選ぶことで、ちゃんとしたタックルバランスのベイトタックルが出来上がります。

このように、タックル選びはシンプルに考えることができず、頭を悩ませてくる点も大きなデメリットです。

バックラッシュやキャストなどのベイト特有の問題

これはシーバス狙いに限らず、ベイトタックル特有の問題です。
スピニングタックルからベイトタックルに変えた直後は、まずまともにキャストができないと思います。

思ったよりも飛距離が出ずに無理にキャストした結果、バックラッシュしてルアーが遠くに飛んでいく・・・ということも良くあります。

慣れるまでは釣りにならないというのは大きなデメリットでしょう。

おすすめのシーバスベイトタックル

ベイトタックルはタックルバランスが非常に重要になってきます。ここでは、失敗しないタックルバランスの取れたベイトタックルを紹介していきます。

マイクロパターンにおすすめのベイトタックル

  • ロッド:DAIWA ラテオR 86LB
  • リール:DAIWA 20タトゥーラSVTW or 21アルファスSVTW
  • ライン:DAIWA モアザン デュラセンサー×8+Si²
  • リーダー:YAMATOYO 耐摩耗ショックリーダー

このタックルセッティングは、32㎜スプールのベイトリールの性能を最大限に活かすためのセッティングとなっています。

リールに関しては【20タトゥーラSVTW】も【21アルファスSVTW】どちらでもお好みで選んで構いません。
安さで言えば20タトゥーラSV TWですが、リールの軽さや最新の性能で言えばアルファスSV TWになります。

ラインに関しては0.8~1.5号をお好みで選んでいただき、リーダーは12~20lbの中で選べば問題ありません。

軽量プラグがキャスト可能

このセッティングにすることで、ピックアップのワスプスラロームやトライデント60S、スライ95Fといった軽量ルアーからサスケ95やショアラインシャイナーZバーティス97などの10㎝クラスのルアーを快適に扱うことができます。

また、サーフであれば10g前後のメタルジグでシラスパターンのシーバスを狙うことにも向いています。

ベイトタックルにしては、非常にしなやかで曲がるため、軽量ルアーのキャストはもちろん、シーバスをバラしにくく、SVブレーキでナイトゲームでもトラブルレスで楽しめるタックルセッティングになっています。

マイクロパターンやバチパターン、アミパターン、イナッコパターン、カタクチイワシパターンといった比較的小型のベイトパターンに非常にマッチしたベイトタックルになっています。

幅広いベイトパターンに対応したベイトタックル

  • Fishman Beams CRAWLA 9.2L+
  • SHIMANO 20メタニウム
  • SHIMANO ピットブル8+
  • SHIMANO エクスセンス EXフロロリーダー

このタックルセッティングは【とにかくいろいろなルアーをキャストできるようにしたい】という人におすすめのベイトタックルセッティングです。

クーからサスケ烈波までキャスト可能

シーバスルアーの中では、コモモ85SFやクー70Fといった軽量ルアーからサイレントアサシン120Fやサスケ烈波といった12㎝クラスルアーまで扱いやすいルアーです。

メインとなるのは10~20gのルアーが非常に使いやすいですが、快適とはいきませんが40gのルアーまで扱える幅広いルアーキャパシティが特徴です。

20メタニウムはシャロースプールも別売りでラインナップされており、シャロースプールにすれば軽量ルアーがより快適に使えるようになります。

ラインは1~3号の間で選んでいただき、リーダーはラインに合わせて選んでいただければ大丈夫です。

ノットの弱点を改善。柔らかい外装と硬いコアの2重構造。強度に優れた高分子フロロカーボン採用。

サーフや大河川に向いている飛距離重視のベイトタックル

  • DAIWA ラテオR 93MB
  • DAIWA スティーズ A TW HLC
  • SHIMANO ピットブル8+
  • YAMATOYO 耐摩耗ショックリーダー

これは実際に私が河口やサーフで使用しているタックルです。

サーフゲームや大河川でメインになるシンペンやミノー、バイブレーション、メタルジグといった20~40gが快適にキャストできるセッティングです。

メタルジグであれば100mキャストも普通にできるセッティングであり、とにかく遠くにルアーを届けたいという人はおすすめのベイトタックルとなっています。

サーフゲームでキャスト可能

シーバスルアーであれば、セットアッパーやサイレントアサシン、ヨイチといったミノーやシンペンを主に使う人にはおすすめです。

また、スティーズA TW HLCはボディーもコンパクトなため、手が小さい人でも持ちやすいのがポイントです。

ラインに関しては2号を基準に選んでいただき、リーダーは20lbを基準に選んでいきましょう。

より遠くに飛ばしたいという人はロッドをFishmanのBRIST VENDAVAL 10.1Mにすると、より遠くにキャストができるため、お金に余裕がある人はぜひ検討してみましょう!

ビッグベイトにおすすめのベイトタックル

  • TULALA El Horizonte 83
  • DAIWA ジリオンTW HD
  • DUEL BIG PE
  • YAMATOYO フロロショックリーダー

このタックルはビッグベイトをメインに使いたいという人におすすめのタックルセッティングです。

ビッグベイトは1個で数千円もする高級品ですので、高切れは絶対にしたくないルアーですが、ジリオンTW HDはマグフォースというブレーキシステムを使っているため、非常にバックラッシュがしにくいです。

また、El Horizonte 83はビッグベイトがキャストできるロッドながら長めのロッドとなっており、ビッグベイトを軽い力で遠くまでキャストでき、300gまでのルアーをキャスト可能という性能を持っています。

ビッグベイトがキャスト可能

今までのシーバスのビッグベイトと言えばジョインテッドクローなどの60g前後のルアーを扱うことが主流でしたが、現在はどんどんルアーが重くなっており、メガドッグといった100gを超えるルアーも使われるようになっています。

そういった重たいルアーも快適にキャストできるベイトタックルになっています。

ラインは5号を基準にして、リーダーは50lbを基準に考えていけば大丈夫でしょう。

まとめ

シーバスをベイトタックルで狙う上では、非常にいろいろなことを考える必要があります。

シーバスの釣果だけを目指すのではなく、その過程も楽しめる人には非常におすすめですので、ぜひベイトタックルでシーバスゲームを楽しんでほしいと思います。

もちろん、今回紹介したタックルセッティング以外でもおすすめのベイトタックルは多数あるため、悩んでいるタックルがあればぜひご質問もお待ちしております。